土地売却の時の価格

土地売却を行う際に実際の取引価格の参考にされる価格が存在しています。しかしながら、それらの価格とは異なった実勢価格で土地の売却が行われるようになります。実勢価格は随時変更するものであるという性質を持っています。一方で、国や都道府県が公表している土地の価格は公示地価/基準地価と呼ばれていて、市場の取引の際には参考にされています。しかしながら、決められた点でのみ価格が公表されていますので、近隣の場合には補正が必要になってきます。これとは別に相続税を計算するための元になる土地の評価額も発表されていて、相続税評価額と呼ばれています。

相続税この価格はあくまでも相続税の算出用に使われるものですので、時価とは異なったものとなっています。同様に固定資産税の計算をするために用いられる固定資産税評価額も公表されています。同様にこの価格も固定資産税を計算するためのものですので、時価とは異なったものとなっています。このように色々な評価額が土地に対して公表されています。更には取引価格とは別のものも存在していますので、実際に公表されている評価額がどのような意味を持っていて、どのようなタイミングで用いられるものであるかを知っておくと良いでしょう。

また、土地の状態によって、実勢価格と販売価格が大きく異なってくることも多い物ですので、自分が所有する土地の売却に当たっては土地の状態を最良のものにしていく日ごろからの努力が必要になります。

*参考記事*
土地売却の注意点
土地売却と家
土地売却の評価